読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美術館

「横山大観と木村武山」展を開催中。 講談社 野間記念館|講談社 野間記念館について ※近代日本画壇の巨星「横山大観」、華麗で豊かな色彩表現を見せる「木村武山」。ともに草創期の東京美術学校に学び、岡倉天心の薫陶を受けた日本画家です。(ホームページ…

昭和館

九段下にある昭和館を訪れました。 www.showakan.go.jp 映像ブースに図書室もあり、いろいろ面白そうな資料が沢山。

美術と音楽

群馬県立近代美術館へ。 企画展「美術と音楽 音楽をめざす美術のこころみ」開催中。 mmag.pref.gunma.jp これだけ山口薫のコレクションをもっているのかと、おどろく数でした。あまり時間がなかったから、もっとゆっくり、また来たい。同じ場所を再び訪れる…

浜口陽三

日本橋にある、浜口陽三の美術館へ。 ミュゼ浜口陽三ヤマサコレクション(浜口陽三の美術館) 現在は、南桂子展を開催中。 淡い色、やわらかく繊細な線の表現を、じっくりみる。 銅版画への関心が高まり、夏のカラーメゾチントのクラス、 参加しようか、いよ…

「へたも絵のうち」クマガイモリカズ

要町駅にちかい、熊谷守一美術館 31周年展へ 豊島区立 熊谷守一美術館 熊谷守一 1880年(明治13年)4月2日~1977年(昭和52年)8月1日 画家。岐阜県に生まれ、上京。「画壇の仙人」とよばれる。 熊谷守一の猫、いいな、蝶もいいな。 今月26日まで開催中。

「私がわたしであること」

森鴎外記念館で開催中の展示 「私がわたしであることー森家の女性たち 喜美子、志げ、茉莉、杏奴ー」 森茉莉「父の帽子」「贅沢貧乏」「甘い蜜の部屋」などの作品、広く知られていると思いますが、森鴎外の妻や妹など、四人の女性、を並べて展示することがお…

弥生美術館

弥生美術館・竹久夢二美術館 谷崎潤一郎(1886~1965)文学にみられる着物の展示へ。 作品解説も合わせて読むことができる。