読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『美しい夏』

「あのころはいつもお祭りだった。家を出て通りを横切れば、もう夢中になれたし、何もかも美しくて、とくに夜はそうだったから、死ぬほど疲れて帰ってきてもまだ何か起こらないかしら、火事にでもならないかしら、家に赤ん坊でも生まれないかしらと願っていた、あるいはいっそのこといきなり夜が明けて人びとがみな通りに出てくればよいのに、そしてそのまま歩きに歩きつづけて牧場まで、丘の向こうにまで、行ければよいのに。」

勧められて読んだイタリア作家、チェーザレ・パヴェーゼ。この冒頭がほしい。

チェーザレ・パヴェーゼ - Wikipedia

Cesare Pavese - Wikiquote